スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

センス

11_05_26_01_.jpg

嫁の家庭菜園もじょじょに賑やかになってきております。
5/19には赤かぶを、5/22には、どうにかして育ててみたい、 
と昨年から思っていたオクラと、
種が残ってたから枝豆の種を植えました。
写真は無事発芽した赤かぶ。
くきが赤くて、赤かぶっぽい。


11_05_26_ill02_.jpg

種はこのような感じ。単位はセンチメートル。

オクラに対しての私の思いは、
昨年の記事など読んでみていただけると分かっていただけるかと思います。
梅雨空の下


11_05_26_ill03_.jpg

ものの本によれば、オクラは移植を嫌うため直まきが基本、
とのことだったので、今年は種からやってみよう。
本の通りに畝を作ったつもりでしたが、
オクラに関しては畝が広すぎたらしく、
「どれだけオクラを作るつもりだ」
と言われてしまう。

独自の判断で上のような畑になりましたが、
オクラに限らず今まで蒔いたどの畝も、
もう少々効率よく上手に植えることができるらしく、
ばぁばに色々とご指導いただく。

1畝に2条植えるつもりで作った(本にそう書いてあったので)が、
確かに2条分が無事育ったとしたら、そんなにオクラができても困るので、
とりあえず1条植える。
上手く生えてくるかわからないしね。
暖かくないと育たないオクラ。
10℃以下では芽が出ないし、出ても育たないそう。
このあたりは日中は20~30℃になるけど、
朝晩は10℃くらいまでしか上がらないこともあるから、出ないかもしれない。

オクラと枝豆を植えた次の日から、
ものすごい勢いで地表をたたきつける大量の雨が降った。

雨が明けて畑を確認すると、
なんと植えたはずの枝豆の種がすべて土からとび出て顔を出してた…。

11_05_26_ill01_.jpg

どうも浅く植えすぎたみたいで、
雨に強く当てられたせいで掘り起こされてしまったらしい。
かぶやなんかと比べると7倍くらいはある枝豆の種豆を、
かぶと同じような深さに植えたのがそもそもの間違い。
ばぁばも、「こんなことあるんだね~」と逆に感心していた。


どうもセンスがない。


最近東京から引っ越してきた、
長男のマブダチ一家の嫁さまがこの前遊びにきてくれたのだけど、
私の前の日記を見てくれてて、
彼女は農業をやる気は今のところないようなのですが、

「ホースで水をかける嫁ちゃんよりはセンスがあると思う…」
と言ってた。

ええ私も、その通りだと思います。
地表に出てきてしまった豆は指で押し込んどきました。
赤かぶの発芽は、この大雨のあと確認できたわけだし、
枝豆もがんばってほしい。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初心者でも簡単においしい野菜が作れます!

3分でできるこの方法を使うと、どんな場所でも今すぐに野菜作りが楽しめます!野菜作り一筋30年のプロ中のプロが、今までの常識をくつがえす、たった3分でできる、あまりにも簡単な家庭菜園方法をお教えします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「嫁ちゃん去年失敗してたよな。」と思いながら、今日私もオクラの種まいたよ。

No title

やあ番長。バリ日記いいね。
触発されどこかに行きたくなり、車で片道30分以上かけて(自分としてはかなり遠出)母子で清春芸術村(市内)というところに行ってきたよ。安藤忠雄の光の美術館というのが最近できてそれを見に。照明を一切使ってなくて自然光で作品をみるみるというもの。思いの外小さかったけど、異世界に行けたような気がして楽しかった。
オクラ芽でないよ。

No title

光の美術館面白そう。昔行った直島の自然光で見るモネが、けっこう泣けた記憶だあるよ。あれも安藤忠雄設計だったよね。オクラ、出ないね。
プロフィール

長男の嫁

Author:長男の嫁
山梨県北杜市明野町に暮らす、二世代農家[かねひこのはたけ 三井農場]長男の嫁のお百姓日記です。日々変化する畑の話と、家族の話をお伝えします。家族構成は下記をごらんください。

かねひこのはたけ Webサイト

 【じぃじ】
kojin_2011_04.gif
『かねひこのはたけ』取締役社長。田んぼの責任者。身体の動きと仕事が速い。還暦はとうに過ぎたがその働きぶりに衰えはなく、毎日常に動き続けている。趣味は山登り、旅行、カメラ。

 【ばぁば】
kojin_2011_03.gif
主に野菜畑の責任者。嫁に来た当時はお米が主力だった三井農場で、野菜の育生を始め、今では20種類近くの野菜を育てている。やさしくてしっかり者の三井農場の母。漬け物と煮豆が上手。趣味は旅行、編み物、テレビ鑑賞。

【長男】
kojin_2011_05.gif
大学卒業後東京に暮らし、結婚して所帯を持ったが、「子どものためにも土に近い生活がしたい!」と一念発起。2010年1月より実家に戻って農業の勉強を始める。日々お百姓仕事をしながら農業の新しい担い手になるべく勉強に励む。2014年2月逝去。

【孫①】
kojin_2011_02.gif
長男の第一子。小学校生活も二年目に入った7歳。3歳までは東京育ちだが今やすっかり山梨の子ども。趣味は魚釣りと読書、今は主にゲームに夢中。藤子F不二雄の作品と自然科学が好き。

【孫②】
kojin_2011_01.gif
長男の第二子。おとなしめな孫1と比べるとひょうきんな4歳児。しかし恥ずかしがり屋。兄にあこがれと負けたくない気持ちの両方を持ち、泣いたり怒ったりふざけたりする姿が周囲の笑いを誘う。

【長男の嫁】
kojin_2011_06.gif
北海道出身者だが寒さに弱く、関東の古民家の冬の寒さについていけてない。農業の「の」の字も知らず、じぃじばぁばの作業を少〜しずつ手伝いながらもまだまだ食べる専門。webサイト制作担当。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。