スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処暑

2012_08_26_03_.jpg

お盆も過ぎたのに毎日暑い日が続きます。
写真はお盆中に行ってみたひまわり。とても近所です。
山梨県北杜市明野町では毎年夏の時期にひまわりを咲かせて、
夏の観光のメインイベントにしています。
普段は歩く人などめったに通らない道を、
ひらひらのワンピースを着た女性やカップルがたくさん歩くので新鮮な景色となります。
もはや嫁も地元のものとしては、「ひまわりが咲いているだけじゃん」と
ややひねくれた気持ちで暇がてら見に行ったのですが、

2012_08_26_04_.jpg

行ってみるとやっぱり、けっこう見応えがありました。
数年前に行った時も同じように思ったっけ、と思い出しました。


2012_08_26_06_.jpg

毎日の暑さは変わらないようでいて、
お盆のころは毎日これでもかというほど実をつけていたキュウリが、
あまり良い実をつけなくなってきたり、
夜窓を開けて寝ると、朝方寒くてふとんを探したり、
秋へと、少しずつ着実に移り変わっているなあと思います。
もうすぐに、嫌というほど寒くなると思うと。

2012_08_26_01_.jpg

今はトマトがよくとれます。
出荷するわけではないので、相当真っ赤になるまで木につけておきます。
そっと下から実をもちあげると、自然とぽきりと取れる、
そのくらいまでおいておき、いただきます。

今年はナス、ピーマンがあまり良くありませんでした。
ピーマンなど、ほとんど実を付けなくて、去年とぜんぜん違いました。
暑さのせいか、今年はいろんなものの実のつきが良くないとばぁばが言っていました。
そういえば今年の夏はほんとうに雨が少なかった。

2012_08_26_02_.jpg

ニラの花です。
ニラは何年も畑のすみのほうに植わっていました。
ニラという野菜がどんな植物なのか、私はちっとも知らなかったので、
てっきり雑草だと思っていました。
その葉っぱの感じが、よく見かける一般的な雑草らしい雑草によく似ているのです。

2012_08_26_05_.jpg

実りの秋ももうすぐです。
季節が移り変わる早さに驚きます。
うかうかしているとどんどん年をとっていきます。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

立秋

梅雨が明けてから、まとまった雨が降った記憶が無く、
連日猛暑が続きました。
「いよいよ困った」という雰囲気が漂い始めた先日、ついに数時間ほど久方ぶりの雨が。
明野はもともと雨のあまり降らない土地です。
数キロ離れたところは土砂降りでも、ここは降らない、ということもしょっちゅう。
とはいえ、ここまで雨も降らず乾燥して、毎日35度近くまで暑くなったり、
連日熱中症でたくさんの人が病院に運ばれるニュースが続くと、
地球、どうなっちゃったんだろう…とさすがに思います。
でも良くよく考えてみれば、未来永劫四季のある世界でいられるのかというと、
そんなことはやはり無いだろうし、良きにつけ悪しきにつけ、
だんだんとなのか、急になのか、変わっていってしまうのだろうかと思います。

しかしそれでも暦の上の「立秋」のが過ぎたら、
朝晩ほんの少し涼しくなって、過ごしやすくなってきました。ほっとします。
このあたりでは、この日8月7日にお墓参りをします。
8月7日は月遅れの、旧暦の七夕で、もともと七夕はお盆前の先祖を迎えるための
禊(みそぎ)の意味があるものだったというから、
そのあたりのことが関係しているのかと推測します。

2102_08_10_03_.jpg

毎日暑いので、鶏小屋に行く時に少しびくびくします。
鶏、どうにかなってるんじゃないかな…と。
今のところ二羽とも変わらず元気そうです。
でも、このうち一羽はほとんど卵を産まなくなってしまいました。
よく見れば、羽や尻尾などもう一羽と比べるとぼそぼそしていて、
もうお歳なのかな、と思われます。
それでも、たまーに卵を産んでくれるときがあって、
殻はザラザラで薄くって、中身もちょっと水っぽい、おいしくなさそうな卵。
「もうそんなに頑張らなくてもいいのになあ」と思ってしまいます。
余生をのんびり穏やかに過ごしてほしいものです。
もともと三羽いた鶏のうちの一羽がお亡くなりになってしまったのもやはり夏だった。
この夏を越えられるかなあ。

2012_08_10_01_.jpg

昨年に比べると、ナスやトマト、特にピーマンのなり方が遠い気がしているのですが、
キュウリだけは調子よく実がついて、収穫に追われます。
すぐだめになるので、うちではこのように保存しています。
おからと塩を同じ割合で混ぜたものに、かたはしから突っ込んでいきます。
この場合は塩6キロにおから6キロ。
ばぁばが言うに、塩だけでは水が上がってきたその表面がカビてしまうけど、
この方法だとカビないだとか。
だんだんとキュウリの水分が出て、ふにゃふにゃになります。
これを冬に漬け物にします。

2012_08_10_02_.jpg

ばぁばのニガウリが出荷最盛期です。
もうすぐお盆、そして夏も後半にさしかかってしまうと思うと、その早さに驚きます。
孫①も6歳になりました。来春には小学生。
仮にもう一人子どもが出来たとして、これから産むとなると、
すでに高齢出産の域に入るという事実に先日気付いてしまい、
少なからずショックをうけたところです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

長男の嫁

Author:長男の嫁
山梨県北杜市明野町に暮らす、二世代農家[かねひこのはたけ 三井農場]長男の嫁のお百姓日記です。日々変化する畑の話と、家族の話をお伝えします。家族構成は下記をごらんください。

かねひこのはたけ Webサイト

 【じぃじ】
kojin_2011_04.gif
『かねひこのはたけ』取締役社長。田んぼの責任者。身体の動きと仕事が速い。還暦はとうに過ぎたがその働きぶりに衰えはなく、毎日常に動き続けている。趣味は山登り、旅行、カメラ。

 【ばぁば】
kojin_2011_03.gif
主に野菜畑の責任者。嫁に来た当時はお米が主力だった三井農場で、野菜の育生を始め、今では20種類近くの野菜を育てている。やさしくてしっかり者の三井農場の母。漬け物と煮豆が上手。趣味は旅行、編み物、テレビ鑑賞。

【長男】
kojin_2011_05.gif
大学卒業後東京に暮らし、結婚して所帯を持ったが、「子どものためにも土に近い生活がしたい!」と一念発起。2010年1月より実家に戻って農業の勉強を始める。日々お百姓仕事をしながら農業の新しい担い手になるべく勉強に励む。2014年2月逝去。

【孫①】
kojin_2011_02.gif
長男の第一子。小学校生活も二年目に入った7歳。3歳までは東京育ちだが今やすっかり山梨の子ども。趣味は魚釣りと読書、今は主にゲームに夢中。藤子F不二雄の作品と自然科学が好き。

【孫②】
kojin_2011_01.gif
長男の第二子。おとなしめな孫1と比べるとひょうきんな4歳児。しかし恥ずかしがり屋。兄にあこがれと負けたくない気持ちの両方を持ち、泣いたり怒ったりふざけたりする姿が周囲の笑いを誘う。

【長男の嫁】
kojin_2011_06.gif
北海道出身者だが寒さに弱く、関東の古民家の冬の寒さについていけてない。農業の「の」の字も知らず、じぃじばぁばの作業を少〜しずつ手伝いながらもまだまだ食べる専門。webサイト制作担当。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。