スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始動

2012_03_29_01_.jpg

春が来たと言ってよいと思います。
夜明けも早くなり、家族の朝も徐々に早くなってきました。
早朝に起き出すのも、少しずつ楽になってきました。
トラクターに乗って畑仕事をする人たちの姿も多く見かけます。

じぃじばぁばの畑仕事も増えてきて、
今は地道に草取りをしたり、各種タネを蒔いたり、
昨日は柿の消毒などしていました。
柿はまだまだ灰色一色の木ですが、芽が出る前に消毒するのだそうです。


2012_03_30_02_.jpg

これは棒ネギの種まきです。
うちでは今時期タネを蒔いて、7月頃に定植、12月頃に収穫します。

2012_03_30_03_.jpg

さっと土をかけ、

2012_03_30_01_.jpg

たっぷり水をあげます。
黒いナイロンの網みたいのをかけていますが、保温というより保湿のためにかけるそうです。


2012_03_29_02_.jpg

小麦も今年は、麦踏みしました。
じぃじが軽トラックで走行してくれたようです。

軽トラと言えば、嫁はオートマ限定免許しか取得していないので、
マニュアル車であるうちの軽トラには今のところ乗れないのですが、
本格的にお百姓をするには、軽トラに乗れなければ話になりません。
嫁は、車の運転がちょっと有名なくらい下手で、家族間でもそれは周知の事実なのですが、

じぃじ 「マニュアルも運転できるように教習所に通ってこい」
ばぁば 「あと数年したらうちの軽トラもだめになるから、オートマの軽トラを買ってやる」

と、冗談交えながらもそんな話になりました。
この会話は今までも、何回かとりかわされてはいたのですが、
何となく、今回は心にひっかかるものがありました。
そろそろ嫁も、本格的に、お手伝いしなければいけませんか。


2012_03_29_03_.jpg

タマネギがずいぶん大きくなってきていました。
それでもまだまだの大きさですが、直売所あたりにはもう新タマネギもでているそうです。

2012_03_30_04_.jpg

嫁が作った現在唯一の野菜、ほうれん草です。
色がとてもきれいなので、うれしくなります。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

芽吹く

2012_03_16_01_.jpg


孫②が喘息で一週間ほど入院し、病院暮らしでした。
家の生活に戻ってみると、空気はまだ少し冷たいものの、
日差しが随分暖かくなっており、春が来たのだなあと感じました。

孫②が入院している間、孫①のことはほとんどじぃじばぁば、長男に任せっきりで、
たまに顔を見る程度しか会えませんでした。
しかし別段寂しがる様子も見せず、たまに会ってもいつも通りの姿。
入院を終えて嫁が帰ってきても、特別に甘える事も無い。
「母が居なくてもまったく構わないのだなあ」
と、その成長を嬉しく思いつつも、一抹の寂しさを感じていました。

しかし退院した週末が明けて月曜日、まだ登園はできない孫②を家に置いて
孫①を保育園に連れていこうとすると、しくしく泣いて動こうとしない。
ここ1年くらいはずーっと、こんなことはなかったのに。突然どうした?
保育園で何か嫌なことでもあった?

嫁も仕事に遅れるわけにはいかないので、
涙のとまらない孫①を無理矢理ひきずって保育園に突っ込み、出勤。
仕事中、よくよく、よぉく考えてみたら、
「ああ、もしかして、寂しかったのかな」
と、ようやく鈍い母は気付きました。


夕方、ちょっと早めに迎えに行くと、元気そうな姿が見えてひと安心。
担任ではない先生に、
「お兄ちゃんも寂しかったみたいだから、甘えさせてあげてくださいね」
と言われて、少し驚くも確信する。
「甘えてもいいのよ」と孫①に話しかける先生。
聞いているのか、いないのか、走って行ってしまった孫①。

それ以来、できるだけ孫①と接するように、意を汲むようにしてみたら、
時折もの凄く嬉しそうな顔を見せてくれたり、
普段よりも、くっついて来たりしてくれるようになって、
「良かった。母、必要とされてる」
と思えて、私が嬉しい気持ちになりました。

それにしてもつくづく、男子は未知の存在です。
私自身、女きょうだいしか居なかったこともあってか、
すくすくと複雑に成長してきている息子と毎日接して、思います。
娘だったとしても、やっぱりこう思ったのでしょうか。


2012_03_15_02_.jpg

暖かくなると同時に、葉物の成長も著しくなりました。
間隔が無くきつきつで、この先成長できなそうなので、
昨日少し抜いて食べてみました。
なんだか固くて、食べられような代物じゃないなあ、と思ったけど、
炒め物にしたら特に固さに問題もなく、味も良くおいしかったです。
ちょいちょい抜きながら食べていけそうなので、蒔いておいてよかったです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

長男の嫁

Author:長男の嫁
山梨県北杜市明野町に暮らす、二世代農家[かねひこのはたけ 三井農場]長男の嫁のお百姓日記です。日々変化する畑の話と、家族の話をお伝えします。家族構成は下記をごらんください。

かねひこのはたけ Webサイト

 【じぃじ】
kojin_2011_04.gif
『かねひこのはたけ』取締役社長。田んぼの責任者。身体の動きと仕事が速い。還暦はとうに過ぎたがその働きぶりに衰えはなく、毎日常に動き続けている。趣味は山登り、旅行、カメラ。

 【ばぁば】
kojin_2011_03.gif
主に野菜畑の責任者。嫁に来た当時はお米が主力だった三井農場で、野菜の育生を始め、今では20種類近くの野菜を育てている。やさしくてしっかり者の三井農場の母。漬け物と煮豆が上手。趣味は旅行、編み物、テレビ鑑賞。

【長男】
kojin_2011_05.gif
大学卒業後東京に暮らし、結婚して所帯を持ったが、「子どものためにも土に近い生活がしたい!」と一念発起。2010年1月より実家に戻って農業の勉強を始める。日々お百姓仕事をしながら農業の新しい担い手になるべく勉強に励む。2014年2月逝去。

【孫①】
kojin_2011_02.gif
長男の第一子。小学校生活も二年目に入った7歳。3歳までは東京育ちだが今やすっかり山梨の子ども。趣味は魚釣りと読書、今は主にゲームに夢中。藤子F不二雄の作品と自然科学が好き。

【孫②】
kojin_2011_01.gif
長男の第二子。おとなしめな孫1と比べるとひょうきんな4歳児。しかし恥ずかしがり屋。兄にあこがれと負けたくない気持ちの両方を持ち、泣いたり怒ったりふざけたりする姿が周囲の笑いを誘う。

【長男の嫁】
kojin_2011_06.gif
北海道出身者だが寒さに弱く、関東の古民家の冬の寒さについていけてない。農業の「の」の字も知らず、じぃじばぁばの作業を少〜しずつ手伝いながらもまだまだ食べる専門。webサイト制作担当。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。