スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春遠し

2012_02_29_02_.jpg

早朝から雪が降り、昼頃まで降り続いていました。
雪の少ない山梨でも年に2、3回はこういう景色になります。春はまだ少し遠いようです。
それでも随分暖かくなってきたので、じぃじ、ばぁばたちも少しずつ仕事を始めています。
昨日、まる一日柿畑の剪定をしていたじぃじは、
「あと半日やれば終わったのに」と、今日の雪模様に残念そうでした。
今日はさすがに家人も休日のようです。

嫁もできれば動きたくありません。
ここ1か月弱の間に、次々と体を負傷し、年齢の節目を感じています。
仕事中にすっころんで後頭部を強打したのをはじめ、
夜眠ろうとした際、なかなか寝ようとしない孫②を寝かしつけるため、
先に寝たふりをしてやろうとまくらに頭を乗せて目をつぶった瞬間、
「寝るな」と言いたかったのであろう孫②に、分厚い本の角で眉間を強打されました。
ふいを打たれたのでまともに入り、2時間近く痛くて眠れずうめきました。

ちょくちょく頭痛がするようになってしまったので、
脳外科にいこうかどうしようか迷いながらも、働きに出ていた昨日、
やはり仕事中にいきなり腰に激痛が走り、動けなくなりました。
というのは少々大げさで、痛いながらも歩いたりはできたので整骨院にいくと、
すじをおかしくしたらしく、一発ゴキンとやられて1週間は安静にしていろとの指示でした。
腰全体が痛く、すばやくは動けません。

世間で言う女33歳厄年で、やっぱりなにか警告的なことが起こるものなのかなと思いました。
それにしても健康であることが兎にも角にも宝と強く思います。
ほんの少しでも普段通り体が動かせないことで、とたんにできることが限られてくる。

ところで「仕事中」と書きましたが、昨年末からパートで仕事をしています。
ブロッコリースプラウトやかいわれ大根などの商品を作っている大手の会社が、
北杜市明野町の日照時間の長さと風景を気に入り近所に大規模な工場を出しました。
「豆苗(とうみょう)」という、エンドウ豆の新芽のパック詰めをしています。

2012_02_29_01_.jpg

2012_02_29_ill_.jpg

もとは絵のように葉が生えており、根から上を一度切って食べて、
こうして水につけておくと、新しい葉が出てきて一度は再収穫できます。
野菜の高い今のような時期でも一定価格なので、わりと話題の野菜のようです。
炒めたり、鍋野菜にしたりと色々使えておいしい。

広大な敷地に建てた、巨大なハウスで栽培しています。
こうした農業もあるんだなあと思います。
かねひこのはたけはどうするんだ、と自分で思いますが、
これはこれ、で、幅広い年齢層の地域の女性たちとの無駄話を楽しみながら、仕事してます。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

3年目

2010年の2月1日に山梨県北杜市に引っ越してきたので、
こちらにきて3年目に突入したことになります。
ここの生活にも馴染んできた、と思うことが多くなりました。
じぃじ、ばぁばとの生活もあたりまえのものになり、
頼ることもできるし、相談することもできる。
孫①はじぃじにしょっちゅう怒られているし、それに対して負けじと怒っている。
孫②はすっかりばぁばっ子で、ごはんもばぁばの膝で食べることの方が多いくらい。

2世代同居している、と言うと、
決まって「大変だね~」と言われるけど、
私はそんなこともないよ、と思う。
それよりむしろ、夫婦ふたりで二人、三人と子育てしている方のほうがすごいと思う。
こうなった今となっては、私にはとても無理、と思ってしまう。
4人大人がいれば、子どもに対してひとりが怒っても、
3人のうちの誰かは優しくフォローする立場にまわることができる。
じぃじばぁばとも元気で居てくれるおかげだが、
仕事だって分担できるし、見守る人が多いほうが、子育ては多分楽だ。

確かに気を遣わない、と言ったら嘘になるけど、
わたしのようなずぼらな人間には特に、
多少気を遣いながら生活してるくらいがいいということもある。

自由度は少ないかもしれない。
けれど東京で親子四人で暮らしていた際、
自由だったか、というとそうでもない。
自分でバランスさえとれれば、どんな暮らしぶりであっても、
自由は獲得できるのではないかと思う。
今年度はそれができればいいなあと思います。

2012_02_15_01_.jpg

昨年秋に植えてそのまんまにしていたホウレン草が、
雑草に囲まれてどれがホウレン草かよくわからなくなってきたので、
草取りしてみました。

2012_02_15_02_.jpg


2012_02_15_03_.jpg

わかりやすくなりました。


2012_02_15_05_.jpg

2年も経って、ようやく車のナンバーを山梨ナンバーにしました。
変えた次の日、保育園にお迎えにいったら、
孫①と同じクラスの子のお母さんが早速気付いてくれていて、びっくりしました。
それで、ちょっと嬉しかったです。

寒極まる

冷え込む日が続いています。
こうも寒いと、動き出す気がおきません。
日記を明るく楽しく書いてやろう、という気にもなれません。
今朝、ついに居間のストーブの温度計が0℃を示していました。
台所に干していたふきんも凍っていたので、ここは0℃以下だったのでしょうか。
でも日本各地の大雪のニュースなどを見ると、
ここはたいそう穏やかなところだ、とありがたく思います。
最近富士山の近くでの地震が多く、いよいよ富士山が…!?
と、はらはらするところはありますが、
毎日わりかし晴れの日が多くて、冷えた空気のなか今日も朝焼けが拝めました。

それにしても寒いのは大の苦手である嫁なので、
ラジオで毎日言っている、
「4日の立春を過ぎれば暦通りに寒さはやわらぐでしょう」
という言葉を信じて明日まで耐えるのみと思っています。

2012_02_03_02_.jpg

寒いと鶏も卵を産まなくなるようで、
うちの鶏もここ最近ぱったりと卵を産んでくれなくなっていたのですが、
今日久しぶりに立派な卵を2個産んでくれており、
なにやらとっても嬉しかったです。
春も近いのを感じたのでしょうか。
飲み水が凍るような寒さの中でも変わらず元気です。

2012_02_03_01__.jpg

乾燥した畑に緑のものがぱやぱやと生えています。小麦です。
やっぱりこんなに寒い時期は、
作物の成長も見たところちっとも動きがありません。
春を待ちながら、その内面では変化しているのかもしれませんが、
相変わらずのシロウト嫁にはいまひとつ分かりません。
「まるごと全粒粉うどん」の売れ行きがなかなか好調なので、
今年の小麦にも期待しています。
今年は中力粉と、パン用の強力粉もつくってみました。
食べられるものになるのか、楽しみです。
「まるごと全粒粉うどん」は→お買いもののページでご覧いただけます。


明日はようやく、待ち望んだ立春です。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

長男の嫁

Author:長男の嫁
山梨県北杜市明野町に暮らす、二世代農家[かねひこのはたけ 三井農場]長男の嫁のお百姓日記です。日々変化する畑の話と、家族の話をお伝えします。家族構成は下記をごらんください。

かねひこのはたけ Webサイト

 【じぃじ】
kojin_2011_04.gif
『かねひこのはたけ』取締役社長。田んぼの責任者。身体の動きと仕事が速い。還暦はとうに過ぎたがその働きぶりに衰えはなく、毎日常に動き続けている。趣味は山登り、旅行、カメラ。

 【ばぁば】
kojin_2011_03.gif
主に野菜畑の責任者。嫁に来た当時はお米が主力だった三井農場で、野菜の育生を始め、今では20種類近くの野菜を育てている。やさしくてしっかり者の三井農場の母。漬け物と煮豆が上手。趣味は旅行、編み物、テレビ鑑賞。

【長男】
kojin_2011_05.gif
大学卒業後東京に暮らし、結婚して所帯を持ったが、「子どものためにも土に近い生活がしたい!」と一念発起。2010年1月より実家に戻って農業の勉強を始める。日々お百姓仕事をしながら農業の新しい担い手になるべく勉強に励む。2014年2月逝去。

【孫①】
kojin_2011_02.gif
長男の第一子。小学校生活も二年目に入った7歳。3歳までは東京育ちだが今やすっかり山梨の子ども。趣味は魚釣りと読書、今は主にゲームに夢中。藤子F不二雄の作品と自然科学が好き。

【孫②】
kojin_2011_01.gif
長男の第二子。おとなしめな孫1と比べるとひょうきんな4歳児。しかし恥ずかしがり屋。兄にあこがれと負けたくない気持ちの両方を持ち、泣いたり怒ったりふざけたりする姿が周囲の笑いを誘う。

【長男の嫁】
kojin_2011_06.gif
北海道出身者だが寒さに弱く、関東の古民家の冬の寒さについていけてない。農業の「の」の字も知らず、じぃじばぁばの作業を少〜しずつ手伝いながらもまだまだ食べる専門。webサイト制作担当。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。