スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しわい嫁

14_11_20_02_.jpg

美しくも寒そうな景色です。いよいよ冬がまた、やってくるのだなと思います。
こちらに越してきて五年目も後半戦に入りました。
言葉や環境、くらしのひとつひとつに慣れてきたな、と思っていたところで、
夫が居なくなってしまいました。途方に暮れた五年目となりました。

出会って以来、経験を重ねていくなかで、考え方ひとつにも夫の存在が染み込んでいた。
本当に信頼し、信頼してくれていた人を喪ったこと。
この先の何十年(になるかどうかは解らないが)を思うと、途方に暮れたくもなります。
ふとした会話を共有できないことが、何よりも寂しい。

五年目ともなると、方言にも慣れて、自分の発する言葉にも甲州弁が自然に出てくるようになり、「お前も慣れたもんじゃん」、と心の中で笑っちゃいます。しかしそんな中、いまひとつピンとこない言葉があります。
「しわい」です。

「あの人は、しわい」
良い意味で使われるものではないことは解ってました。
ごく最近まで、「けち臭い」という意味だと思っていたのですが、違いました。「頑固である」「言ってもなかなか言うことを聞かない」というような意味だったようです。

嫁:「「しわい」って、どういう意味なんですか?」
じぃじ・ばぁば:「「のぶい」ちゅう意味だ」

ま、ますます解らない…。「のぶい」って何だろう?

「言うこと聞かない」の中にも可愛げを認めるのか、それとも嫌悪感むき出しの言葉なのか、そのへんの微妙なニュアンスがいまだ解りかねます。

長男が亡くなって以降、5人暮らしが始まった訳ですが、なぜか嫁の中からどんどん、じぃじばぁばに対する「遠慮」のようなものが消えていっている気がしてます。今までだったら「はい」と言っていたところが、言えなくなっている。「いや、そうじゃなくて、こうなんだ!」と主張することが増えてきている。共感できなければ、無視したりしてしまう。子どものようです。
自分でも意外なところです。
なぜこうなったのか? 
自己防衛か、それとも困難を共有して家族度が上がったのだろうか。夫が居てくれたならば、ブレーキをかけてくれていたであろう感情が、噴出するようになったのか。未だ分析中であります。
素直さが欠け、ずけずけと怖いものなしになっていく自分がおそろしい。そのうち近所でも有名になるくらい、「あの嫁さんはしわいぞ」と言われちゃう日も来るかもしれません」

14_11_20_03_.jpg

11月初めに恒例のタマネギ植え行事が無事終わり、その後の作業も進んで終わりは見えてきたようです。雨が降らないのでじぃじ、ばぁばが困っています。

14_11_20_01_.jpg

昨日の朝は、雲ひとつ無い青空でした。日常的に、雄大で静かな景色を見渡せることは確実に救いです。気持ちが澄み、穏やかになります。
しかしなぜだか晴れた日ほど余計に、哀しくなるのです。
スポンサーサイト

冬至

IMG_1546__.jpg

寒く乾燥した冬がやってきました。
朝晩こそ冷え込みますが、日中はお日さまが照り、外にいたほうが暖かいです。
写真はこの時期になるとじぃじがどこかから調達してくる葉ボタンです。

IMG_1543__.jpg

そんな気候をフルに利用して、ばぁばが各種干し野菜をこしらえてくれています。
大根、芋、柿など、干し終上がればまた次、次…といったように、
干し台が空くことがありません。

IMG_1542__.jpg

大根はこのようになっていきます。

IMG_2074__.jpg

この間は紫芋まで干していました。
今年苗をいただいたので作ってみたようなのですが、
そのまま食べるといまいち甘みが薄くて
甘いものが得意ではない孫①などはよく食べていましたが、
何かに加工しなければ減らない、と干し芋に挑戦したり、芋羊羹にしたり。
煮たり切ったり、相当な手間がかかる作業を毎年粛々と行う姿に頭が下がります。
が、どうしても嫁は毎年食べる専門に。
忙しいことを言い訳に、このままどこまでやらずに通すのか。


IMG_2315__.jpg

冬でも晴れる日の多い土地ですが、たまには雪も降ります。
つい何日か前に夜中から雪が降り、朝起きたら一面が白くなっていました。
でもその日の午後には消えてしまいました。
この辺りの雪は、まわりの山から降りてくる感じの雪です。
空から降ってくる北海道の雪とは違った感じです。
あっという間に今年も終わりです。
孫①も明後日から冬休み。知らぬ間に年末に向かって、駆け足で突き進んでいきます。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

新米

2013_09_30_02_.jpg

今年の稲刈りも無事に、大方片が付きました。
でもまだとれたてのお米を味わえるところまではいきません。
あと少し残る古米を地道に消費する日が続きます。

九月ももう終わりですから、ようやくと言ったほうがよいのでしょうが、
急にめっきり寒くなりました。
「暑い!」から唐突に「寒い!」
に変わるので、急に寒くなったように感じるのかも知れません。
しかし朝晩の温度変化は激しく、朝夕はフリースを着たいくらいに寒いけど、
日中は未だ夏のような暑さとなります。

2013_09_30_01_.jpg

そんな中、おととい孫①の小学校初の運動会が秋晴れのなか無事開催されました。
そのひとつ前の週の週末は孫②の保育園の運動会でした。
今年から運動会のお弁当は二回。ようやく終わって一段落です。

小学校の運動会は初めて観ましたが、やはり見応えがあって面白かったです。
遠方からおじいちゃんおばあちゃんが応援に駆けつける家も少なくなく、
うちも、もう少し距離が近かったら気軽に呼べるのにな、と
なんだか申し訳なく思いました。

しかし最近は運動会も様変わりしたようで、
この辺りでこそ昔ながらの、お昼はみんなでお弁当を囲むスタイルですが、
人も子どももたくさんいる地域では、お昼前に運動会を終わりにしたり、
子どもと父兄は別々にお昼をとったりするところも多いようです。

すぼらな母親ですから直前は、運動会の準備やお弁当作りなど思うと憂鬱で、
運動会などいっそ無ければいいのに、などと毎回思うほうですが、
終わってみれば、面倒くさい部分あってこそ、これもまたよしと思います。
人も子どもも少ないところですから、運動会はこれからも、
家族と地域の大人と子どもで楽しめるイベントであってほしいと願うところです。

その一方で、こちらに来てからというもの、
家族と地域の大人と子どもの行事が多くて、
少々億劫に思うところもなきにしもあらず。
蛇足なのでまた別の機会に。

新米がとれたからには、こんどはお届けする作業です。
今年のお米はどんなでしょうか。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

残暑

2013_09_02_.jpg


ついこの間お田植えが終わった、と思っていたら、
もうこのような稲穂になりました。稲刈りも間近です。

9月に入って、やっと少しそれなりに、暑さも和らぎはじめた感があります。
今年は暑く、水不足が続く気候だったので、
作物のなりも毎年のようにはいかなかったようです。
前年の今頃はインゲンを毎日のように出荷していたのに、
今年は最近やっといいものになりだしたところだ、とばぁばが言ってました。
トマトやナスの皮が固いです。水が少ないことが原因のようです。
あと、ニンジンも全然大きくなれなかったりして、
まったくうまくいかないようです。


はじめての夏休みもやっとこさ終わり、
孫①の二学期も始まりました。

「今日は○○くんが少ししか話してくれなかった」
としょんぼりしている日がある。
心配性の母がひとりくよくよしたりすれば、
次の日はその子のうちに遊びにいって居なかったりする。
男子はさっぱりしているものらしい。
まだ一年生だから、数時間も経てば忘れてるのかもしれない。
あまり気にするのやめよう、と最近ようやく思えるようになりました。

学校で、夏休みの工作や絵を学校で展示してくれてるので観にいきました。
同じ年の子の作品が思ったよりレベルが高くてびっくりする。
絵の構図もよければ作品の完成度も高い子がいて、その才に嫉妬してしまう。
「ウチの子負けたわ!」という気持ちより、
「私に欲しい!」と思いました。
嫁はああいうふうには描けなかった。うらやましい。
描いたり作ったりしたものを観るのはやっぱり面白い。
冬休みはもっと頑張ろう、いや、頑張らせよう。
と親ばかりが思いました。

2013_09_03_01_.jpg

夏休みに30匹近くのカブトムシを獲り、全匹動かなくなってしまいました。
昆虫は獣のような生々しさがないので、
まるでおもちゃの電池が切れていくよう、と思います。
何匹か標本にしていましたが、やはりすべては無理なので、
先日すべて共同墓地に葬りました。
乱獲に罪悪感をおぼえたのは母だけだろうな。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

立秋

2013_08_07_02_.jpg

すでに八月になりましたか。
何となく毎日をきれいに終わらせることができないまま、
1ヶ月あまりが過ぎたように思います。
外は暑く、朝でも息苦しく感じてしまいます。
気候のためなのか、年齢のためか、この夏は毎日をやり過ごすのが苦しいです。
雨の少ない夏、畑の野菜にも厳しい環境のようで、
例年より、キュウリ、ナスの収穫に追われる感が少ない気がします。
特にトマト、ピーマンの実りは悪いです。
いつもなら食べきれなくて、畑になりっぱなしにしてしまうこともあるものを、
今年は数日待ってようやく収穫できるくらい。
上の写真はちょっと前のもので、孫①が並べ、撮影したものです。
彼は写真を撮るのが好きで、割と上手に撮ります。
大人には無い視点にはっとさせられることも多いです。
反対に孫②は興味も作品もイマイチなので、
子どもだから面白いものが撮れる、という訳ではないようです。
しかし撮られるのは大好きなので、愛嬌のある写真がたくさんある孫②。
撮るのは好きだけど、撮られるのは苦手な兄。
顔こそ似てるけど、人間は似ないものだなとつくづく思います。

孫①ははじめての夏休みを経験中。
親にとってみてもはじめての夏休み、思いのほか大変でした。
●毎朝のラジオ体操があるので、学校に通う朝よりも早く忙しい印象。
●日がな家にいるので、パートの仕事がある間はじぃじばぁばにお任せしなければならない。
●毎日なにをして過ごしているのか気に掛かる。
●自分だけ保育園にいかなければならない孫②が毎朝ぐずる。
●夏休みの宿題が進まず、親ばかりが気を揉む。

あげればどんどんでてきます。
夏休みが始まった当初は、午後まで一人でテレビをみている、
という一日もあり、これには親として誘導する義務を感じる。
何をして遊ばせようか、全力で考える。
親たちも夏休みのペースに飲み込まれていきました。

2013_08_07_01_.jpg

そんな夏休みも後半の部へ突入し、振り返れば、
いとこ達が泊まりに来てくれたり、海にも一度は行ったり、
何回もカブトムシ取りに行ったりと、結構全力で楽しんだ感がある。
あとは宿題をなんとかしなければ、夏休みの最後に予定している
北海道帰省に行けないことになっております。
写真はやはり孫①が撮ったカブトムシ。
今は二つのケースに合計20匹近くおり、混沌としています。

2013]08_07_03_

ばぁばが毎日ニガウリを出荷しています。
毎日淡々と、順調のようです。何よりです。

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

長男の嫁

Author:長男の嫁
山梨県北杜市明野町に暮らす、二世代農家[かねひこのはたけ 三井農場]長男の嫁のお百姓日記です。日々変化する畑の話と、家族の話をお伝えします。家族構成は下記をごらんください。

かねひこのはたけ Webサイト

 【じぃじ】
kojin_2011_04.gif
『かねひこのはたけ』取締役社長。田んぼの責任者。身体の動きと仕事が速い。還暦はとうに過ぎたがその働きぶりに衰えはなく、毎日常に動き続けている。趣味は山登り、旅行、カメラ。

 【ばぁば】
kojin_2011_03.gif
主に野菜畑の責任者。嫁に来た当時はお米が主力だった三井農場で、野菜の育生を始め、今では20種類近くの野菜を育てている。やさしくてしっかり者の三井農場の母。漬け物と煮豆が上手。趣味は旅行、編み物、テレビ鑑賞。

【長男】
kojin_2011_05.gif
大学卒業後東京に暮らし、結婚して所帯を持ったが、「子どものためにも土に近い生活がしたい!」と一念発起。2010年1月より実家に戻って農業の勉強を始める。日々お百姓仕事をしながら農業の新しい担い手になるべく勉強に励む。2014年2月逝去。

【孫①】
kojin_2011_02.gif
長男の第一子。小学校生活も二年目に入った7歳。3歳までは東京育ちだが今やすっかり山梨の子ども。趣味は魚釣りと読書、今は主にゲームに夢中。藤子F不二雄の作品と自然科学が好き。

【孫②】
kojin_2011_01.gif
長男の第二子。おとなしめな孫1と比べるとひょうきんな4歳児。しかし恥ずかしがり屋。兄にあこがれと負けたくない気持ちの両方を持ち、泣いたり怒ったりふざけたりする姿が周囲の笑いを誘う。

【長男の嫁】
kojin_2011_06.gif
北海道出身者だが寒さに弱く、関東の古民家の冬の寒さについていけてない。農業の「の」の字も知らず、じぃじばぁばの作業を少〜しずつ手伝いながらもまだまだ食べる専門。webサイト制作担当。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。