スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小麦考

2012_12_02_01_.jpg

ホームベーカリー頼りですが、ちょくちょくパンを焼いています。
思えば一人暮らしの時もなぜかこの家電を持っていて、
当時札幌で家を分けて暮らしていた同居人と、気まぐれに焼いていた記憶があります。
ということは結婚後すぐに買ったこの一台は私の人生では二台目。
焼いたとしても、簡単な角形食パンくらいしか作らず、混ぜものもほとんどしない、
「パン作りが好きです」とは口が裂けても言えないレベルですが、
パンを焼いて食べたい、という欲求は若干、
ほんのちょびっとだけ強いほうだということになります。

山梨にやってきてから、家族が増えたためもありパンを焼く回数が増えました。
朝がパン食である日は週一回程度ですが、
昔からの習慣で農作業の合間にお茶をする時間が必ずあるので、
パンとか、おまんじゅう、パンケーキみたいな、
けっこうボリュームのあるおやつを欠かしません。
来た当初は「毎日こんなにたくさんおやつ食べるの?」と少々驚いたものですが、
今ではすっかり慣れてしまい、お茶の時間になると腹が減って仕方ないくらいです。

今年度、畑には二種類の小麦を蒔きました。
ひとつは中力粉で、これは乾麺にして商品にもしていますが、
もう一種類は強力粉です。種類は「はるゆたか」。
北海道で主に生産されているようですが、流通量が少なく人気も高いので、
なかなか手に入らないようです。

うちのホームベーカリーの説明書には
(大体のホームベーカリーにあてはまるようですが)、
「国産の小麦粉を使うと膨らみが弱くなることがあります」
と注意書きがされています。
国産の強力粉は外国産のものに比べてグルテンの量が少ないそうで、
実際、一時市販の国産小麦粉を使っていたときに、どうにも膨らみが悪くて、
どうしてかなあと説明書をよくよく読んだら書いてあったと。

そんな経験も少々あったので、今回のこの粉もどうかなあ、と心配しましたが、
特に問題なく良く膨らみます。
何度か焼いているけれど同じ仕上がりなので、どうも大丈夫そうです。
そのうえ今までになくサックリ仕上がります。
特に外側の皮の部分でその違いが良くわかります。
ホームベーカリーの注意書きに「この機械で焼くにはこの粉がいちばんおすすめです」
と書いてある、近所のスーパーで入手している粉で焼いたときよりも、
外側の皮が軽くて食べやすく、サクサクしています。
そしてとても良い香りがします。
文句なしにおいしいのですが、パンの中に穴が多くできるような気がしてます。
このあたりが、輸入強力粉の使用を前提に作られたホームベーカリーの
作業工程では解決が難しい点のようですが、
プロではないし、パンの味にそこまでこだわる家族もいないので特に問題ない。
昨年の自家製小麦粉は中力粉(うどん粉)のみで、
何回かチャレンジはしましたがやっぱりパンは焼けなかったので、
今年の強力粉は重宝しています。
来年もぜひ作ってほしいけど、今のところ畑に蒔かれる気配はない。
「中力粉は乾麺にすれば売れるが強力粉が売れるのかはまだ未知数」
とじぃじの中で現時点で作る利点を見いだせない為のようです。
とりあえず、近所の直売所に置いてみましょうとラベルを制作中です。


2012_12_02_.jpg

今週、一泊のみですが東京に一家で旅行に行ってきました。
来春には孫①も小学校入学なので、平日に休みを取れるのも今年のうち…と
ディズニーリゾートへ。完璧な夢の国は良い目の保養となりました。
住んでいた頃は三分の一だった新東京タワーもすっかり出来上がっておりました。
しかし住んでいた頃の感覚に簡単に戻れるような、変わらない東京でありました。
スポンサーサイト

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

長男の嫁

Author:長男の嫁
山梨県北杜市明野町に暮らす、二世代農家[かねひこのはたけ 三井農場]長男の嫁のお百姓日記です。日々変化する畑の話と、家族の話をお伝えします。家族構成は下記をごらんください。

かねひこのはたけ Webサイト

 【じぃじ】
kojin_2011_04.gif
『かねひこのはたけ』取締役社長。田んぼの責任者。身体の動きと仕事が速い。還暦はとうに過ぎたがその働きぶりに衰えはなく、毎日常に動き続けている。趣味は山登り、旅行、カメラ。

 【ばぁば】
kojin_2011_03.gif
主に野菜畑の責任者。嫁に来た当時はお米が主力だった三井農場で、野菜の育生を始め、今では20種類近くの野菜を育てている。やさしくてしっかり者の三井農場の母。漬け物と煮豆が上手。趣味は旅行、編み物、テレビ鑑賞。

【長男】
kojin_2011_05.gif
大学卒業後東京に暮らし、結婚して所帯を持ったが、「子どものためにも土に近い生活がしたい!」と一念発起。2010年1月より実家に戻って農業の勉強を始める。日々お百姓仕事をしながら農業の新しい担い手になるべく勉強に励む。2014年2月逝去。

【孫①】
kojin_2011_02.gif
長男の第一子。小学校生活も二年目に入った7歳。3歳までは東京育ちだが今やすっかり山梨の子ども。趣味は魚釣りと読書、今は主にゲームに夢中。藤子F不二雄の作品と自然科学が好き。

【孫②】
kojin_2011_01.gif
長男の第二子。おとなしめな孫1と比べるとひょうきんな4歳児。しかし恥ずかしがり屋。兄にあこがれと負けたくない気持ちの両方を持ち、泣いたり怒ったりふざけたりする姿が周囲の笑いを誘う。

【長男の嫁】
kojin_2011_06.gif
北海道出身者だが寒さに弱く、関東の古民家の冬の寒さについていけてない。農業の「の」の字も知らず、じぃじばぁばの作業を少〜しずつ手伝いながらもまだまだ食べる専門。webサイト制作担当。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。