スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道へ

2012_01_19_01_.jpg

7日~10日のあいだ、函館に帰省しました。
長男、孫1、孫2も一緒です。
やっぱり雪の量が違いました。

今回は雪あそびに焦点をしぼって動きました。
15年ぶりにスキー場にも行きました。
一時期と比べるとスキー人口が減っていると聞いていますが、
まだまだ家族連れも多くいました。
子どもの頃、やはりスキーをやらせてもらっていて、
当時は父、母、嫁とその妹でスキーに行ったこと、
それがとても楽しかったことなど思い出しました。

雪あそびは子どもにとって魅力的のようです。
孫①は飽きることなくソリで遊んでいたし、
ミニスキーも、結果的には上手くできず泣いてたけど、
あきらめの早い彼にはめずらしく、粘り強く頑張っていました。

孫②も、ソリ遊びもできたし、雪そのものに触れることを楽しんでました。
上の写真は孫②です。

数十年ぶりに高校時代の友人とゆっくり話しました。
昔のことなんてほんとに忘れた、と思っていましたが、
話していくうちに、少しずつ、当時のことを思い出してきて、
ひとりクラスメートを思い出すと、この子といえばあの子、
あの子と言えばあの人、という形で次々と思い出すことができた。
記憶が確かに、糸でつながって奥に行っているような、
数珠つなぎのようになっていることを実感できました。
何とも言えず良い旅でした。

帰ってくると山梨は、やっぱり雪のない晴れた冬です。
さすがにこの時期は農閑期で、畑にもあまり動きはありません。
夏の間に収穫したジャガイモの芽をとって、
ちょこちょこ直売所に持って行ったりしています。

白菜がおいしい季節です。
大きくて、汁もの煮もの鍋ものと何にでも使えておいしい。
夏の間はタマネギ、冬は白菜が万能野菜だなあと思ってありがたく食べてます。
家でとれる白菜とネギ、大根を果敢に食卓に出し、
他の野菜が高いこの時期を乗り切ろうと思っています。

2011_01_19_02_.jpg

今日は白菜とジャガイモ、ニンジンを直売所に出荷します。
スポンサーサイト

雪の函館

02_18_03_.jpg

連休を利用して嫁の実家のある函館に行ってきました。
今年の函館はやはり例年より雪も多く、孫①は大喜び。

写真は観光名所である公会堂と、函館山とペリー像。
学生かそこらの頃、このあたりで民家とその周辺を使った
グループ展覧会を実行したことがあります。
今となっては懐かしい。
そのころはペリー像は無かった。



02_18_04_.jpg

この近くで、観光客向けにソリ用の雪の滑り台を作ってくれていて、
連日ここで遊びました。
孫①はソリが気に入ったようで、何度でも飽きずに登っては降り。
雪国育ちではないわりに、小さい体でけっこう上手く滑るので見てる親としても嬉しい。

02_18_02_.jpg

兄弟で。


02_18_01_.jpg

おーっとお!!


つい親バカなブログに。

やはり1歳と4歳での二人乗りは難しかったようで、二人で滑ると全部転んでいた。
孫②はソリ嫌いになったことでしょう。

たまにしか会えない函館じぃじとばぁばが、
毎日全力で遊んでくれるので。
特に孫①はたまらなく嬉しかったようです。
帰るときは少し寂しそうだったけど、
戻ってきてからは、行く以前よりも素直に元気に毎日過ごしているように思えます。

住むところが離れているために、
可愛い盛りの孫に年に1・2度しか会わせてあげられなくて、
不公平だ…! などとひねくれて考えることもありましたが、
今のところ、北海道は子どもらにとってはパラダイス。
自分の親が暮らしている、故郷である北海道を息子たちが大好きってことが、
ほんとうはちょっと嬉しい。
一緒に暮らして、日常の場になってしまえば、
そこはパラダイスにはなり得ない。

離れているからこその良い関係、というものもあるのかも、
と思った帰郷でした。


山梨に帰ってきたその日がこの地も珍しく大雪でした。
こんなに雪の積もった庭ははじめて見た。
この雪も昨日なんかにはもうすっかり解けて、強風が吹き春一番かと思いました。
関東に暮らすと暦通り、2月に春を感じられるのだなあと思います。

02_18_05_.jpg

テーマ : 写真日記
ジャンル : 日記

プロフィール

長男の嫁

Author:長男の嫁
山梨県北杜市明野町に暮らす、二世代農家[かねひこのはたけ 三井農場]長男の嫁のお百姓日記です。日々変化する畑の話と、家族の話をお伝えします。家族構成は下記をごらんください。

かねひこのはたけ Webサイト

 【じぃじ】
kojin_2011_04.gif
『かねひこのはたけ』取締役社長。田んぼの責任者。身体の動きと仕事が速い。還暦はとうに過ぎたがその働きぶりに衰えはなく、毎日常に動き続けている。趣味は山登り、旅行、カメラ。

 【ばぁば】
kojin_2011_03.gif
主に野菜畑の責任者。嫁に来た当時はお米が主力だった三井農場で、野菜の育生を始め、今では20種類近くの野菜を育てている。やさしくてしっかり者の三井農場の母。漬け物と煮豆が上手。趣味は旅行、編み物、テレビ鑑賞。

【長男】
kojin_2011_05.gif
大学卒業後東京に暮らし、結婚して所帯を持ったが、「子どものためにも土に近い生活がしたい!」と一念発起。2010年1月より実家に戻って農業の勉強を始める。日々お百姓仕事をしながら農業の新しい担い手になるべく勉強に励む。2014年2月逝去。

【孫①】
kojin_2011_02.gif
長男の第一子。小学校生活も二年目に入った7歳。3歳までは東京育ちだが今やすっかり山梨の子ども。趣味は魚釣りと読書、今は主にゲームに夢中。藤子F不二雄の作品と自然科学が好き。

【孫②】
kojin_2011_01.gif
長男の第二子。おとなしめな孫1と比べるとひょうきんな4歳児。しかし恥ずかしがり屋。兄にあこがれと負けたくない気持ちの両方を持ち、泣いたり怒ったりふざけたりする姿が周囲の笑いを誘う。

【長男の嫁】
kojin_2011_06.gif
北海道出身者だが寒さに弱く、関東の古民家の冬の寒さについていけてない。農業の「の」の字も知らず、じぃじばぁばの作業を少〜しずつ手伝いながらもまだまだ食べる専門。webサイト制作担当。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。